Little Busters! - tonica -lyrics and translation-

Actually it's not really a song, but a compilation of dialogue along with remix of one of LB! BGM. It does sound interesting, so...

tonica
Based on 生まれ落ちる世界 | "Umareochiru Sekai" | Born Into This World
Original composition and arrangement by PMMK



Above is a fanmade MAD. I hope someone would like to make another MAD with the anime clips.

意識が覚醒していく。
周りに、みんなの声が聞こえる。

【謙吾】「おい、理樹…」
【神北】「は、はい? え…直枝君?」
【来ヶ谷】「…少年」 
【クド】「直枝さんっ」
【三枝】「理樹くんおはよー」
【真人】「おーい、理樹」
【クド】「直枝さん?」
【西園】「直枝さん」
【三枝】「ところで、理樹くん」
【真人】「どうした、理樹」
【小毬】「理樹君こんにちは~」
【謙吾】「理樹」
【西園】「…直枝さん?」
【来ヶ谷】「どうした、理樹君」

【鈴】『おい、なんか言え』

『この世界には秘密がある』

【鈴】「なんか一周して戻ってきたって感じだな」
それは想像を絶する過酷の始まりだ。
【鈴】「自分の記憶を信じてはダメなのか?」
でも今の…
もしかしたらもう…
【鈴】「それはな」
選択を間違えてしまったのだろうか…。
【鈴】「…あたしたちは、仲間だ」
俺は助ける。
【鈴】「どうした?」
両親をなくした
そのためには、なんだってする。
【鈴】「えらいことになってるぞ」
ルールだって犯す。
【鈴】「泣き虫なのは…」
…結局、手がかりは何もない。
あるいは彼が未来を先読みしているのか。
やらなくちゃいけないんだ
差し伸べられた手…。
それを掴めば.

【鈴】「そのお願い事、叶えてみせる」
【鈴】「頭の中真っ白だ」
【鈴】「理樹はあたしのことが嫌いなのか?」
【鈴】「あたしの手を、引いてくれ」

俺はおまえにすべてを賭ける。
【鈴】「…昔からいっしょにいた男の子」
俺にもできなかったことを…
成し遂げてくれ…

【鈴】「いやだ…!!」
【鈴】「みんな会えないなんていやだっ!!」
【鈴】「恭介がいないのだっていやだっ!! 真人も謙吾もいないのなんていやだっ!!」
【鈴】「はるかもみおもクドもくるがやも…っ!!」
【鈴】「いやだよぅ…」



その世界では僕は誓ったんだ。
『これからは強く生きる』、と。
Romaji:
Ishiki ga kakusei shiteiku.
Mawari ni, minna no koe ga kikoeru.

【Kengo】「Oi, Riki...」
【Kamikita】「Ha, hai? E... Naoe-kun?」
【Kurugaya】「...shounen.」
【Kud】「Naoe-san!」
【Saigusa】「Riki-kun, ohayo!」
【Masato】「Ooi, Riki!」
【Kud】「Naoe-san?」
【Nishizono】「Naoe-san.」
【Saigusa】「Tokoro de, Riki-kun」
【Masato】「Doushita, Riki?」
【Komari】「Riki-kun, konnichiwa~」
【Kengo】「Riki.」
【Nishizono】「...Naoe-san?」
【Kurugaya】「Doushita, Riki-kun?」

【Rin】『Oi, nanka ie.』

『Kono sekai ni wa himitsu ga aru.』

【Rin】 「Nanka isshuu shite modottekita tte kanji da na」
Sore wa souzou wo zessuru kakoku no hajimari da.
【Rin】 「Jibun no kioku wo shinjite wa dame na no ka?」
Demo ima no...
Moshikashitara mou...
【Rin】 「Sore wa na」
Sentaku wo machigaete shimatta no darou ka...
【Rin】 「...atashi tachi wa, nakama da.」
Ore wa tasukeru.
【Rin】 「Doushita?」
Ryoushin wo nakushita.
Sono tame ni wa, nandatte suru.
【Rin】 「Erai koto ni natteru zo.」
Ruuru datte okasu.
【Rin】 「Nakimushi na no wa...」
...kekkyoku, tegakari wa nani mo nai.
Arui wa kare ga mirai wo sakiyomi shiteiru no ka.
Yaranakucha ikenain da.
Sashinoberareta te...
Sore wo tsukameba,

【Rin】 「Sono onegai goto, kanaete miseru.」
【Rin】 「Atama no naka masshiro da.」
【Rin】 「Riki wa atashi no koto ga kirai na no ka?」
【Rin】 「Atashi no te wo, hiitekure.」

Ore wa omae ni subete wo kakeru.
【Rin】 「...mukashi kara issho ni ita otoko no ko.」
Ore ni mo dekinakatta koto wo...
Nashitogete kure...

【Rin】 「Iya da...!!」
【Rin】 「Minna aenai nante iya da!!」
【Rin】 「Kyousuke ga inai no datte iya da!! Masato mo Kengo mo inai no nante iya da!!」
【Rin】 「Haruka mo Mio mo Kudo mo Kurugaya mo...!!」
【Rin】 「Iya da yo...」


Sono sekai de wa boku wa chikattan da.
『Korekara wa tsuyoku ikiru』, to.


English:
My consciousness slowly awaken.
Around me, I can hear everyone's voices.

Kengo : Oi, Riki...
Kamikita : Y-yeah? Eh... Riki-kun?
Kurugaya : ...young man.
Kud : Naoe-san!
Saigusa : Riki-kun, morning!
Masato : Ooi, Riki!
Kud : Naoe-san?
Nishizono : Naoe-san.
Saigusa : By the way, Riki-kun.
Masato : What's wrong, Riki?
Komari : Riki-kun, hello~
Kengo : Riki.
Nishizono : ...Naoe-san?
Kurugaya : What is it, Riki-kun?

Rin : "Hey, say something."

"There's a secret about this world."

Rin : It feels like we have already turned a year round.
That is the beginning of the unimaginable severity.
Rin : Is it bad to believe in your own memory?
But, if it's the current...
Maybe it's already...
Rin : Well, that's
Did I pick the wrong choice...?
Rin : ...we are friends.
I'll save them.
Rin : What's up?
I lost my parents.
For that, I'll do anything.
Rin : It became really something.
I'll even break the rules.
Rin : The one who's crybaby is...
...in the end, we didn't get any clue at all.
If anything, it's like he can read the future.
I have to do it.
The stretched-out hand...
If I can reach that.

Rin : I'll make that wish come true.
Rin : My head is blank.
Rin : Do you hate me, Riki?
Rin : Pull my hands.

I'll bet everything to you.
Rin : ....with the boys I've been together with since old times.
The thing I couldn't do...
You have accomplished it...

Rin : No...!!
Rin : I don't want if I can't see everyone!!
Rin : I don't want if Kyousuke's not here!! I don't want if Masato and Kengo is not here!!
Rin : Haruka, Mio, Kud, and Kurugaya too...!!
Rin : I don't want that...



In that world, I promised.
"From now on, I'll live strongly."