201707

Maeda Jun x Kumaki Anri - Rain Dance -lyrics and translation-

Rain Dance
Track 04 of Long Long Love Song (KSLA-0132 / KSLA-0133)

Composition & lyrics : Jun Maeda | 麻枝准
Arrangement : MANYO
Vocal : Anri Kumaki | 熊木杏里
Official lyrics (kanji) taken from the booklet. (special thanks to Jelle Vlaeminck)

ひたすら逃げ水が見える日だ
垂れては困るアイスキャンディー
もう道に捨てきみの後を追おうかな

きみの隣歩いてると暑いからって
頭押され引き離されてしまった夏

雨さえ降ればいいなと思った
ふたり相合い傘 すぐ隣に
さあ雨よ降れ ただ祈ってる
雨乞いの仕方がよくわからない 火でも起こす?

空は晴れ渡って太陽が
こっちをずっと睨んでるよう
あたしの祈り聞こえない振りしてるよ

いつの間にかきみの背が遠くなってた
なんて非情 それを追って走り出す夏

強くないからいつも追ってた
なのに距離は離れていくばかり
さあ雨よ降れ ただ祈ってる
それがふたりを近づけてくれる
信じている

焼けた肌に水滴ひとつ
低い雲が立ちこめてきてた
ようやく来た 待望の雨
さあ傘を買いに行こう

雨は本降り
だけどあたしたちふたりは
駄菓子屋の軒下で待ってるだけの夏

降り続けるんだ 雨よ永遠に
世界中が水に埋もれるほど
そうしたらいつかきみは買うだろう
一本の傘をふたりのために
もう少しだ

ぴたりとやんだ晴れ間が見えた
ただの夕立だときみは言った
さあ帰るかと軒から抜ける
ああ夏の思い出は最悪だ
きみが遠い

Maeda Jun x Kumaki Anri - Shousetsuka to Pilot no Monogatari -lyrics and translation-

小説家とパイロットの物語
Shousetsuka to Pilot no Monogatari
The Story of The Novelist and The Pilot
Track 03 of Long Long Love Song (KSLA-0132 / KSLA-0133)

Composition & lyrics : Jun Maeda | 麻枝准
Arrangement : MANYO
Vocal : Anri Kumaki | 熊木杏里
Official lyrics (kanji) taken from the booklet. (special thanks to Jelle Vlaeminck)

きみが好きだった
ほんとに好きだった
運命のひとだと思ってた
でも今できるのはきみが残した飛行機の模型
それを見てるだけ

やけに眠い午後だ
コーヒーを飲みたいな
あくびしたらきみが淹れてくれる

恋愛小説を書いて
そばにはきみが居てくれたんだ

きみが好きだった
優しいところはもちろん意地悪なところだって
きみが目指してた空を飛ぶ夢もいつか叶うといいと思ってた

筆が進まないな
きみは掃除してる
ここはヒーローになってもらおうか

筆は止まったまんまだ
きみは地味だ 地味すぎるんだ

きみが好きだった
きちんと整頓もできないと怒るところだって
文字を書くぐらいしか能の無いあたしにきみが居てくれてよかった

きみは飛行機を造った
夢を叶えるために

本を書くこともやめた
きみの帰りを待っているだけ

きみが好きだった
トイレットペーパーを三角に折っておくところだって
だからこの空から帰ってきて
気長に焼き芋焼いて待っているから

ああ何年が逢ってしまっただろう
もう待ちくたびれてしまったよ
久々に筆を取ろうか
小説家とパイロットの物語のために

Maeda Jun x Kumaki Anri - Ushio no Tame no Komoriuta -lyrics and translation-

汐のための子守歌
Ushio no Tame no Komoriuta
A Lullaby for Ushio
Track 11 of Long Long Love Song (KSLA-0132 / KSLA-0133)

Composition & lyrics : Jun Maeda | 麻枝准
Arrangement : MANYO
Vocal : Anri Kumaki | 熊木杏里
Official lyrics (kanji) taken from the booklet. (special thanks to Jelle Vlaeminck)

いつかでいい 聞いてほしい 闇の中にいた日を
どんな希望も光もなく ただ過ぎゆく悲しみの日

いつかでいい 聞いてほしい 君のママと過ごした日
すべてが輝いて見えた つまらないことも喜びに変わった

唐突に降る雨からも ママは守ってくれたよ
その手を信じて生きたら

君がいたよ
君といたよ

渚に描いた 君の名は今でも

いつかでいい 君がずっと大きくなったとき
パパと海に行ってほしい
きっとママとよく似た 君のそばで波を
あの日のように見たい

Maeda Jun x Kumaki Anri - Kimi Dake ga Itekureta Machi -lyrics and translation-

きみだけがいてくれた街
Kimi Dake ga Itekureta Machi
The Town Where Only You Were There for Me
Track 06 of Long Long Love Song (KSLA-0132 / KSLA-0133)

Composition & lyrics : Jun Maeda | 麻枝准
Arrangement : MANYO
Vocal : Anri Kumaki | 熊木杏里


Official lyrics (kanji) taken from the booklet. (special thanks to Jelle Vlaeminck)

他に何もいらない そんな恋だった
どんな場所にもついていくからね
あたしを置いていったりしないでね

きみは愛想がなく笑うことが苦手
暇なく職を転々としてた
たまには飲んできてもいいんだよ

この街は大嫌い でもきみに会えた

叶えたい夢も未来もない暮らし
でもきみがいればいい
それだけ
朝早く起きてレジ打ちもちゃんとする
いつかふたりで暮らそう

父は酒に溺れあたしに暴力を振るってばかり
母は鬱ぎ込んで
それでもそう唯一の両親

恐怖に怯える夜 そこにきみがいた

彼を止めて もう贅沢言わないから
神様何も奪わないで
血の滲む頬もきみに舐めてもらう
猫みたいでいいな
にゃーお

きみの居ない世界になんの意味があるだろ
きみが連れられてゆく もう届かない

もしもきみにもう一度会えたらありがとうを伝えたらいいのかな
それと今年結婚するよ お腹には命も
それなりに生きてるよ

他に何もいらない そんな恋だった
どんな場所にもついていくからね
あたしを置いていったりしないでね

Official Another Story Rewrite - Chapter 6 : In the Spare Time Between Transcendental Thoughts

This time I translated the sixth chapter of Official Another Story Rewrite ~Ha Yure Sasayaku Komichi de~ This chapter focuses on Kagari in her process to find the right answer. hilarity ensues This chapter basically makes fun of the routes in the original VN, and thus, it is full of spoilers.
HeliosAlpha helped me a lot in proofreading and correcting my translation in this chapter (and a lot of them really, really needed correction and feedback). I guess "help" is an understatement. This chapter translation project is more a joint effort for us. Thank you so much HeliosAlpha for your contribution!


Official Another Story Rewrite : Chapter 6
超越思考のいとまに
In the Spare Time Between Transcendental Thoughts
06 - cover - Kagari
Word count roughly 2490 words.

Mizutani Runa - Innocence Eye -lyrics and translation-

Innocence Eye
Rewrite TV Anime ep. 15 Insert Song
Based on ヒナギク | Hinagiku | Daisy (Kagari's leitmotif)


Composition : Maiko Iuchi | 井内舞子
Arrangement : donmaru | どんまる
Lyrics: Ryou Mizutsuki | 水月陵
Vocal : Runa Mizutani | 水谷瑠奈(NanosizeMir)
Lyrics (kanji) taken from the booklet

ふわり不可思議 拡がる調和(Harmony)
悪戯な儚さと 束の間の夢

くるくる廻る 月影二つ
寄せては返すよう委ねて ささやかなサイクル

目には見えない力で 惹かれる感覚
微かに繋がるイメージ 浮かんでは消えて行く
声にならない言葉が シンクロする感覚
ねえ、どんなRhythmも揺らいで行く
そう・・・貴方は誰?

心ともなく満ちゆく幻想(Fantasy)
悪戯な微笑みに 思いあぐねる

くるくる廻る 月影二つ
止め処なく溢れる音に 鮮やかに煌めくの

伴う月灯り(あかり)に戸惑い
ゆらゆらと舞い巡り 奏であう幻

優しく愁う瞳に 惹かれる感覚
僅かに繋がるイメージ 想いごと連れて行く

無垢で自由な言葉が 躊躇いを映し出す
無邪気に囁く世界の果て
そう・・・夜を穿つの