201512

Kawada Mami - INITIATIVE -lyrics and translation-

Composition & arrangement: Tomoyuki Nakazawa | 中沢伴行
Lyrics & vocal: Mami Kawada | 川田まみ



手を挙げても言葉にできない
伝えたい、でも怖い
震えた指先から決意と迷い

恋してる
「傷つきたくはないけど、傷つけたくない...」
甘いだけじゃ恋は前に進まないの

臆病なこの願いでも誰かに届けられたなら
また一つ叶えられる一歩になれる
求めてもずっと戸惑った夢に
信じる力をくれた
君の手をとり歩き出すよ


今知りたい、こたえを待てない
もどかしい瞬間を超えたい
すぐ立たなきゃ気持ちは巡る

恋すると
選び続けてきたけど、選ばれてみたい...
ほろ苦い恋ばかりでも進まないの

大きな願いだとしても誰かに支えられたなら
少しずつだけどまた一歩踏み出す
勇気へと変えて


時に駆け引きするように楽しむくらいで
恋はすぐに溶けちゃうから止まれないの

本当の幸せの形
君は何を望んでるの?
同じ答えは出せなくてもそれ以上の喜びを

臆病なこの願いでも誰かに届けられたなら
また一つ叶えられる一歩になれる
求めてもずっと戸惑った夢に
信じる力をくれた
君の手をとり歩き出すよ

Shimotsuki Haruka - Solenoid -lyrics and translation-

ソレノイド
Solenoid
ED theme of Kara no Shoujo : The Second Episode | 虚の少女

Lyrics: Mutsura-Tate | 六浦館
Composition: MANYO
Vocal: Haruka Shimotsuki | 霜月はるか



泥濘んだ道 踏みしめ虚ろに彷徨う
透けて舞う籠目は 遠い日の空へ

影を消し去ってしまいたい 光を集め
枝葉のように別れた行く末は 未だ見えない

風を受け揺れる緋の精よ
数多の瑕 癒えぬままに
抱えた心放ち ひとりきり歩いてく

耳を塞ぎ 閉じこもった世界の色は
混ざり塒を巻いて私を締めつけた

痛み苦しみを知り得て 積み重ねたのは
やがて忘れられてしまう 歪んだ世界

問うた声 掠れ届かぬ
人の群れは黒く蠢き

挙げた手 静かに下ろし
奥底へ仕舞い込む

夢と現界 爆ぜる―

白い繭 守られていた
細指では貫けない

罅割れ落ちる殻の欠片蒐め

風を受け揺れる緋の精よ
温もりなら 心の中

抱えて流す涙 その背中見つめてる

Suzuyu - Hisui no Miwa -lyrics and translation-

翡翠の美羽
Hisui no Miwa (not Hisui no Miu you dumb idiots)
Beautiful Jade Wings
Second OP Theme (or Insert Song, if you will) of Kara no Shoujo : The Second Episode | 虚の少女

Lyrics: Mutsura-Tate | 六浦館
Composition: MANYO
Vocal: Suzuyu | 鈴湯



煤けた壁と腐る大地
遡り逼る影

口に含んだ清水さえも
待たずに干上がってしまう

群がる呻き声 嘲笑っていた

翡翠の美羽を広げ旅立ってゆければ
―どれだけ 苦しめばいい?
か細い糸が ぶつり、音を立て 静かに沈んでく
―誰か この鎖を解き放て

堕ちた躯に 集る蟲を
払いのけて近づく

焦げつく息が 人を象るケモノから漏れた

誰かは呟く あれが“虚”だと
狂ひ叢雲 千切れ四肢の瘴気を浴び
―どれだけ 望めばいい?
胡乱の眼 踵を返して もう戻らない
―いつか 闇から這い出づる


掻き分けていく 疾風の美羽を追って
―鏡は何処 叫んで 壊して 見るべくもない

真白い指先を 静かに伝う

翡翠の美羽を広げ旅立ってゆければ 
―どれだけ 苦しめばいい?
か細い糸が ぶつり、音を立て 絡まる
―誰か この鎖を

ただ繋いでいたい 散らす叢雲の残香
―どれだけ望めばいい?
罅割れ鏡 双つの光 残るは伽藍堂
―いつか 闇から這い出づろう