201209

yanagi nagi - Kleinchen -lyrics and translation-

Taken from the first album of mamenoi (MANYO & yanaginagi) Tachyon track 3

Kleinchen
Music by MANYO
Lyrics by mamenoi


突き抜ける 未来と過去を繋ぐ緑線
途切れそうな微弱パルス この空の上 見えてるの?

硝子越しになぞった 星図の鍵 求めて
遠く離れた 光年の果て
あふれだす 8mmのノイズ

瞼の裏側 刻みこんでそして記憶 ひとつ ひとつ
全てを置き去れとしても見えない証明に
まだ 壊れない夢影を追って

飛び込んだネイディア頼るものない
とりとめの無い世界でも心は焦がれて
焦がれたこの想いに比例して加速する枷を外し 旅立つの

軋み揺れる躯体を 支配していく深閑(しんかん)
忘れられた トグル機構

まだ 引かれないくすんだトリガー

辿った軌跡は 闇に溶けてやがて輝標(ほし)は ひとつ ふたつ
振り向くことさえもできないの揺らめく 引力
もう進むだけ惹かれながら

駆けてゆくレイディアント失われてゆく
違えようのない現実想いを掴んで
答えられるわけない仕舞い込んだ
わたしだけのメッセージはなさない

救い上げて わたしを行き場の無い心を
握りしめて この手を懐かしい温もりで
錆付いている歯車零れ落ちた光石
眼を向ける者などない独りきり ゆるやかに 目覚める―

頬を伝う涙はビー玉 映る銀河
読み解く 残された綺語の群れ数字と記号を
ふたりだけが知る手繰り寄せて

儚きネイディア 届き様の無い深淵も悲しみの海で 確かな言葉を
たった一つだけ この答えを信じるなら隠した メッセージ
拓くイデア

サヨナラ―信じた明日も
惑いの中の空想閉じこもっていた
わたしを呼ぶ声に比例して加速する手にした ボクだけの
キミえ繋ぐ

yanagi nagi - Tabi no Owari -lyrics and translations-

Taken from the first album of mamenoi (MANYO & yanaginagi) Tachyon track 08

旅の終わり
Tabi no Owari
The End of The Journey

Music by yanaginagi
Arrangement by 塚越 雄一朗 Tsukagoshi Yuuichirou (NanosizeMir)
Lyrics by MANYO



静かに漂う
昏い海に紛れ

のばした足先
伝わる感覚は

そう分かっているのだから
向かおう

旅の終わり キミをまだ見つけられない
世界の果てで 一人 膝を抱えて

信じたい

侵食する影
まばたきする間にも

投げ出せば何も考えずに済むのでしょう-

それはそれは小さく
儚く届くシグナル

少し傾けた耳
飛び込んできたのは

ああ まるでお伽噺 キミを感じている

旅の終わり 二人のターミナル見つけた
まだ触れられない その腕 そのぬくもり

旅は終わる いつか思い出に変わる
世界の果てで 未来の二人 重なってゆくよ

キミの元へ キミの元へ

yanagi nagi - Aoiro Tou -lyrics and translations-

Taken from the first album of mamenoi (MANYO & yanaginagi) Tachyon track 2.

青色灯
Aoiro Tou
Blue Lamplight
Music by yanaginagi
Lyrics by MANYO



風 触れる ホシの願い
見上げ 地に縛られている
その生命が 尽きる時まで ただ見守っていた

線条の光 降り注ぐ 喪神の身体 突き抜ける
衝動に任せた罪が 重なってゆく
誕生 輪廻 存在する意味 鋼鉄の鎧も虚しく
侵食する 終焉の影 何もかも失って―

罅割れた ガラスの向こう側に
透き通る歌声はまだ誰に伝うことなく

星海満つ 瘴気 晒され 感情も鈍り止って
気づけばやがてこの手からすり抜けてゆく
戦場捲く砂塵の中でも 泣き叫ぶ群れの中でも
たったひとつ
キミの元へ届けたい それだけ―
ゆっくりと離れてゆく

風 攫う 船は どこへ
青く 照らす ホシの 願い

yanagi nagi - Tachyon -lyrics and translations-

Taken from the first album of mamenoi (MANYO & yanaginagi) Tachyon Track 9.

Tachyon
Music by MANYO
Lyrics by yanaginagi



ゆっくり閉じる世界でキミの姿見つけた
溢れる涙かまわず飛び出して

指先つなぐ弱い電波に乗せた声は
懐かしい形 教えてくれた

羽の無い体で操るフォーゲル
もっと強く手を伸ばして
届くはず無い深淵まで
もっと強く信じられる
呼び合う音 その絆は解けない

静かに逸る鼓動をもう押さえきれはしない
今すぐ隔ててる膜を破りたい
キミの意識を辿ってこんなに遠くまで来た
いろんな記憶 あとで共有しよう

孤独も不安も そこにいるなら怖くないよ
アクセル踏んで加速していく
どこまででも

音を超えて 光超えて
進んでいく この想いを届けて

ぼろぼろの船とずっと旅した
それは全てキミのために
たった1人で星を離れ 巡りあえた瞬間
深く胸に刻む ワタシだけの物語

手を繋いで 伝わる温度は優しいまま
音を超えて 光超えて 進んでいく

わたしたちの物語

yanagi nagi - eirōneia -lyrics and translations-

Taken from the first album of mamenoi (MANYO & yanaginagi) Tachyon Track 6

eirōneia
Music by MANYO
Lyrics by yanaginagi



忘れるためにあるという星
静かに沈んでいく
記憶へ

1人で彷徨う
宙 灰色
恐れるものなどない世界へ

ドコヘムカウノ
ドコヘカエルノ

飛び交う光吸い込まれて
この心を切り裂いた
生れ落ちる言葉だけが残されてる文明に
ワタシは捉われた
ワタシは捉われた

体を遡っていく息
映される知らない色 どうして

漂う宙間に流れる塵屑は
戸惑いの数だけ浮かんで 消えていった

death

Pff, despite of the serious tone of the title, it's actually a funny thing.

So, my brother always off on Saturday. He woke up this morning and he made instant noodle for bfast. Actually he asked me to do it, but I declined because I didn't want to eat some. I told him because recently I've been eating nothing but instant noodles (because I'm currently in my hikkikomori state)
Everyone knows that eating instant noodle everyday is extremely unhealthy. So, I tried to resist. I told him, "I don't want. It's unhealthy. I'll die because of food poisoning (?) if I keep eating those."
My brother wise words then came "It doesn't matter. It's delicious and easy to make. Moreover, everyone will die someday. It doesn't matter."

I nodded at his simple wisdom, and agreed. "You're definitely right. It doesn't matter when it is. People will all die sooner or later."

So I ate instant noodles as my main dish as well as today.

Lia - Saya's Song -lyrics and translations-




それはもう雪のような冷たさで
この心の熱を徐々に奪ってく

何もかもを知ってすべてをなくして
それでもいいと掴もうとしてみた

ひとつめは眩しさ
ふたつめは温かさ
それ以上はもうわがままになる
ありがとう優しさの中にある輝きを
これだけあるならもう十分だよ

どこに行こう ずっと迷い続けてた
歩いてきた道も振り返ると消え
真っ暗な世界に灯る火を見つけた
走り出した その光に向かい

ひとつだけ誓うよ
去り際は潔く
なんの未練も残さないでゆく
ひとは皆繋がれる
温かな手のひらで
あまのじゃくだったこんな手でも

春が終わる
長い夢と過ぎ去った
夏も秋も
ほんとはみんなと居たかった

ありがとうたくさんの
ありがとう思い出を
これ以上はもうわがままになる
ありがとうきみたちの中にある輝きを
こんなにくれたらもう十分だよ

Tada Aoi - Harvest -lyrics and translations-

Original


dye mixture arrange ver.


星渡る遠い海 遥かな異国を目指す旅
両手にいっぱいの想いの花を 持っていくよ

伝えることがあるんだ ほんの小さなメモリーを
たとえこの世界が本当だって
欠片を拾い集めて 戻れない遠い未来まで
君へ渡しにいく 指を絡めて ほら

いつか見た幻で 世界は回り続けて
まだ 何かが足りないなんて事はない 君の元へ

たった一つだけなんだ 君から託されたものは
それでも差す記憶 眩い窓へ
一瞬だけでいいから ほんの少しの影を追って
ほらこの花束でいつか笑ってみて

くだらないものでもいい
両手にいっぱいの想いの花を 僕は行くよ

失くしたものばかりでも 触れないものばかりでも
君がくれた星を 強く

伝えることがあるんだ 消えることないメモリーを
いつかこの世界を識るとしたって
欠片を拾い集めて 戻れない遠い未来まで
君を渡しにいく 指を絡めて ほら

今 どこへだって
ただ 心 胸に
届けに行こう



No reason. I just somehow wanted to draw something like this.

by the way.....

jealousy

yander


Me neither.
I don't like if someone I like talking to some other girls.


Just kidding. I'm not that yandere. I don't even have someone I like lol.

rita - Little Busters! -Little Jumper Ver.- lyrics and translations



ひとりが辛いから ふたつの手をつないだ
ふたりじゃ寂しいから 輪になって手をつないだ

Jumper準備はもういいかい?
さあ幾千の星に 今のみこまれていくんだ

高く跳べ 高く空へ 高く蹴れ 高く声を上げ
いつか挫けたその日はもう遠く
きみの声すぐ近く 涙もすぐ近く
これから始まる 希望という名の未来を

その足は歩き出す
さらなる未来へと

みんなで作った輪は 大きくなりすぎて
時にはきみがどこにいるのかも わからなくなって

そっと誰かがくれた優しい言葉が
きみのものだと教えてくれたんだ

腕をかき 風を切れ 前を向き 涙がにじむほどに
真っ直ぐこの空を駆け抜けろ
きみはひとり 僕でふたり いつしか「僕たち」になって
この輪で次のJumpを目指すんだ

その足が震えても
僕らが連れていくよ

僕ら皆同じ夢を見てた
過ぎ去る1ページの
ここからも書き続けていけばいいよ
それがきみのものだから

胸には強さを
気高き強さを
頬には涙を
一滴の涙を

高く跳べ 高く空へ 高く蹴れ 高く声を上げ
いつか挫けた その日もう遠く
きみの声すぐ近く 涙もすぐ近く
これから始まる 希望という名の未来を

その足は歩き出す
いつか来る過酷も
乗り越えてくれるよ
忘れるわけないよ

I was bored

enbuo


So I drew Emboar.