Lia

Satsubatsu Kids - Hanabi -lyrics and translation-

Hanabi
Fireworks
Track 10 of Satsubatsu Kids's first album, Hikikomori Songs .
Previously released as a song for Lia in the maxi single KEY+LIA Spica/Hanabi/Moon.
This song was also featured in Little Busters! ~Refrain~ TV anime as an ED theme for ep. 6.


Composition & lyrics: Jun Maeda | 麻枝准
Arrangement & vocal: Hyon | ひょん
Official lyrics (kanji) taken from the booklet.

あの日君は僕の手を引いて言った
壁の向こうにある暮らしを目指そうと
弱くて折れそうな僕の肩を抱いて
深い闇の中をどこまでも歩いた

ふたりが目指した夢は遠い
ふたりがなくした夢も遠い

ふたりきりで過ごす夏が始まった
裸足で踏みしめた畳が痛かった
僕のために買ってくれた花火は
鬱いだままでいてそれも無駄にした

ふたりが目指した夢は遠い
ふたりがなくした夢も遠い

つまらないものばかりいつも愛した
増えては困る猫ばかり拾ってた
僕の隣ではいつも君が笑ってた

散歩の帰り道鐘の音を聞いた
とても懐かしくて涙がこぼれた
僕の手を振りきり君は走り出した
空は今も暗く僕らを閉ざしてた

ふたりが目指した夢は遠い
ふたりがなくした夢も遠い

冷たい雨が降った君はひとり
足元に転がる石を見てた
僕は傷だらけの猫を抱いた
守られ続けた僕らがいた
そんな意味は忘れたままでよかった

やがてまた僕らは連れ戻された
やり残した花火も手つかずのまま
それを抱いて君の部屋を訪れた
君はいつの間にか笑わなくなってた

つまらないものばかりいつも愛した
増えては困る猫ばかり拾ってた
今度は僕が笑って見せるから
今度は僕があの夏へ連れ出すから


Lia - Hoshi no Fune -lyrics and translation-

星の舟
Hoshi no Fune
Starship
Anime movie planetarian ~man of the stars~ | planetarian~星の人~ main theme song

Composition : Shinji Orito | 折戸伸治
Arrangement : Takayuki Negishi | 根岸貴幸 (IMAGINE)
Lyrics : Tohya Okano | 丘野塔也
Vocal : Lia
Full version lyrics (kanji) taken from the booklet

ここには世界があり 言葉だけが残る
幾千億の時を経て 綴り 書き起こす
この町は凍りつき なにもかも朽ち果て
僅かにちらつく灯り消し 深い眠りへ

僕らは目覚め繰り返す 残された言葉たち
その生まれた意味を探し 答え求めながら

仰ぐ遥か彼方に 白くまたたく輝きは
かつてその名を 星と呼ばれていた 暗がりを照らす道標

世界の向こう側に 浮かぶ きらめく島々に
かつて重ねた 言葉の意味を知る記録読み返しながら
果てのない空を見つめていたよ

ここには全てがなく 僕たちだけがある
時間という感覚さえも忘れ去られて
繰り返す空 星々のまたたきを追いかけて
やがて僕ら その最後の答え辿り着くよ

世界が凍てつくその前に 人々たちは
全ての言葉 僕たちに委ね託した

仰ぐ遥か彼方に 白くまたたく輝きは
かつてその名を星と呼ばれていた 暗がりを照らす道標

世界の向こう側に 浮かぶ 無限の虚空へと
帆に風を浴び 波間すべるようにゆっくりと進んでいく
星の夢紡ぐ 命を乗せて

Lia - JUSTITIA -lyrics and translation-

TV Anime "Wizard Barristers : Benmashi Cecil" Opening Theme

Composition : eba
Lyrics : Emi Inaba | 稲葉エミ
Vocal : Lia

闇の中の真実が光り輝くように
鍵の無い希望を解き放とう

何故 手のひらの瑕を抱いて
生まれ堕ちた意味
1000年過去でも未来でもなく
選ばれた現在

善悪はかる天秤は脆弱
満ち欠ける月が誘う
犠牲の地に咲いた
血の色の花

たったひとつ叶うなら
すべてを捧げよう
Post nubila phoebus
魂 風に放て

漆黒のカーテン引き千切り
違う空を見てみたい
錆びた運命のひび割れ
想いをねじ込んで

どんなに争い続けても
時間(とき)は呼吸をやめない
壊して、積んで、壊して
何が遺るだろう

そう、70億もの迷い星
その配置図は書き換えられる
燃え尽きても輝ける場所へ
いつか辿り着ける

存在 100人100通りの
背骨を持つように
それぞれの生き様を掲げ
日々を彷徨う

天罰下す指先は残虐
寄せ返す波は
幾千の涙の捨て場所
太古からずっと

そっと手と手繋いだら
もうひとつのストーリー
Per aspera ad astra
届く 祈りはきっと…

紺碧の大地駆け抜けて
ここにいると叫びたい
足跡紡いだ果てに
本当の夜明け

壮大な迷路に迷い込み
絶望に抱かれても
信じて、強く願って
それが道しるべ

今、60兆個の細胞
ひとつひとつを奮い立たせる
確かな光を掴むために
瞳そらさないで

わたしの声がいつの日か
誰かの笑顔を呼び醒ませたらいいな
花には水を 鳥に歌を
荒野に息吹を 罪悪に裁きを

漆黒のカーテン引き千切り
違う空を見てみたい
錆びた運命のひび割れ
想いをねじ込んで

どんなに争い続けても
時間は呼吸をやめない
壊して、積んで、壊して
何が遺るだろう

そう、70億もの迷い星
その配置図は書き換えられる
燃え尽きても輝ける場所へ
いつか辿り着ける

Lia - Starting Over -lyrics and translation-

Composition : Shinji Orito | 折戸伸治
Lyrics: Yuriko Mori | 森由里子
Arrangement: Kentaro Fukushi | 福士健太郎
Vocal: Lia

Original version


Reproduction STAYCOOL 2007 Edition


振り向く君の笑顔を見た瞬間(とき)
遠い日の記憶が 音楽のように溢れたよ

初めてめぐり会い恋におちた あの瞬間(とき)の笑顔さ
違うのは遠く見てるまなざし

そう 君の瞳 今 未来(あす)を見ている
別の未来を 僕らは今 選んだ

夢を見ずにはいられない ふたりだから出会った
でも 惹かれるたび強く夢を求めて
歩き出さずにはいられない ふたりだから行くのさ
さあ 想い出に手を振ったなら 歩き出そう

誰もが明日を旅しているけど
僕らは地図にない場所までも捜す旅人さ

涙はだから似合わないはずさ 晴れやかな笑顔
そのままで振り向かず行けばいい

Ah だけどこんな そう 晴れた朝には
君を遠くで想うだろう いつでも

夢を見ずにはいられない 君を愛していたんだ
その 溢れる情熱を 止めないでいて
歩き出さずにはいられない 僕らとても似てたね
いま 輝きを手にするために 旅立つ

そう 君の瞳 今 未来(あす)を見ている
別の未来を 僕らは今 選んだ

夢を見ずにはいられない ふたりだから出会った
でも 惹かれるたび強く夢を求めて
歩き出さずにはいられない ふたりだから行くのさ
さあ 想い出に手を振ったなら 歩き出そう

Orpheus ~Kimi to Kanaderu Ashita e no Uta~ -lyrics and translation-

Orpheus ~君と奏でる明日へのうた~
Orpheus ~Kimi to Kanaderu Ashita e no Uta~
Orpheus ~The Song of Tomorrow I Sing with You~

Composer: Orito Shinji | 折戸伸治
Arranger: Nakanishi Ryousuke | 中西亮輔
Lyricist: Baba Takahiro | 馬場隆博

Vocal :
Lia, Tada Aoi | 多田葵, Kawada Mami | 川田まみ, Shimamiya Eiko | 島みやえいこ, KOTOKO, Utatsuki Kaori | 詩月カオリ, Chata | 茶太, Rita, LiSA



終電の音する窓辺に
赤い目をしてる僕は一人

同窓会にもいけずに
冷めた缶のコーヒーを飲む

君にだけ見せたい世界がある
そう、だから今はまだ帰れない

星降る夜がただせつなく
たとえ苦しくても

少年の夢は遠い空越えて
いつか君の元へ届く
妖精の調べ聴こえたら
風舞う花びら少女の儚さ

Orpheus 熱い思いをこめて
Orpheus 言葉をつむいでく

いつか夜が明けて全てが終わる
空はあかね雲扉をさあ開こう

すれ違う人は黒い群れ
あんまり強くて目をふせたよ

僕は今でもここにいて
ジャケットも着れないのに

坂道の家の少女がひとり
あかるく手をふって走り出す

今日がいい日ならいいのにね
おはようとつぶやく

新しいページめくるとき今も
心が少しざわめくよ
全てを失くしたとしても
力の限り唄いつづけるんだ

希望のメロディ-

創造の神は方円の砂に
新しいいのちを描いてく
光あふれる幻想の天使たちを

Orpheus 熱い思いをこめて
Orpheus 言葉をつむいでく

いつかまた消えそうなことがあっても
けして忘れないこの日を

Orpheus 熱い思いをこめて
Orpheus 言葉をつむいでく
ここに来てさあ受け取ってほしい
君と奏でる明日へのこの詩を