Asaki Risa & Shinomiya Saya - Princess is The Princess -lyrics and translation-

Princess is The Princess
from Rewrite Chihaya & Lucia iDoll Project: Pureness Rhapsody track 1.

Composition & Arrangement : Tomohiro Takeshita | 竹下智博
Lyrics : Ryukishi07 | 竜騎士07
Vocal : Risa Asaki | 朝樹りさ as Lucia Konohana | 此花ルチア and Saya Shinomiya | 篠宮沙弥 as Chihaya Ohtori | 鳳ちはや
Lyrics (kanji) taken from the booklet.

くちびるから 魔法はじける
そっと 撫でたこのトキメキに
もう、幸せが宿ってる

緑の街 降り息つく 少し力持ちの転校生
委員長なんて もうやめてよ 下の名前で呼んで...?

なんだかんだ(横顔を)気になる(ひとりじめ)
同じクラスなのを恨んじゃう

見透かされて (さくらんぼ) ハートの中(許せない)
アナタのそういうところがね、嫌いです!

くちびるから 姫は目覚める
ガラスの靴 置いてきたよ
いつも一途な感情 鐘は誰が為に?

クラスでも目立つ 普通じゃない女の子
戦いも恋心も ずっとイチバン!

この世界にあなたがいる それが私の全てなんだから
あなたがいない世界なんて 私は知らないんだよ

味方じゃなく(ふしだらは) 敵なの?(NGです)
一騎当千の恋も 色めく

はちきれそう(胸ばかり) まだ早いよ(みているの?)
女の敵は今すぐにッ、さぁ覚悟! GETOUT!!

終わりの歌を聞きながら ポケットに
仕舞い込んだものさえ 忘れてく

優しい言葉欲しいと願いながらも ずっと
目覚めのキスをね(震えながらそっと) 待ってる

あなたに背中を 預けよう
深呼吸 立ち上がる
眠るだけのお姫様なんて まっぴら

笑いながら パフェを食べよう
よそ見して キスをして
本能的な感情 鐘は誰が為に?

手が触れ合ったら 王子様?⇔お姫様?
ホンモノの馬車がなくても 迎えにきてね
少し泣き虫な 私の一番

Shinomiya Saya - Koizakura Kaika Zensen -lyrics and translation-

恋桜開花前線
Koizakura Kaika Zensen
Front of the Flowering Cherry Blossom of Love
from Rewrite Chihaya & Lucia iDoll Project: Pureness Rhapsody track 5.
Vocal arrange for Chihaya's leitmotif, アサガオ (Morning Glory)


Composition : Maiko Iuchi | 井内舞子
Vocal tuning : Tomohiro Takeshita | 竹下智博
Arrangement : Shouyu | しょうゆ
Lyrics : Kai | 魁
Vocal : Saya Shinomiya | 篠宮沙弥 as Chihaya Ohtori | 鳳ちはや
Lyrics (kanji) taken from the booklet.

小さく深呼吸して 通学路 あなたを待つ
まだかな? もうすぐ? 時計ばかりを見てる

足音聞こえるたび 鞄持つ手が震えた
大きな木の下 蕾のような恋

目を見ればドキドキします
顔上げて挨拶したいのに
なんでだろ いつもできてること
不器用になっていく

自転車に乗って行こう この道
開花前線は恋の桜
この気持ち どちらが先に咲かせるか
私だけの勝負です

初めて出会ったのは まだ少し寒い季節
偶然? 必然? それとも運命なの?

ケンカばかりしていた つまり正面衝突
素直になれない でも目を離せない

いつも意識していた 少しだけ季節過ぎて
二人の関係 相も変わらずの距離

それでもあなたと ほら 歩くとき歩幅同じ
どちらが合わせているのか不思議だね

言葉では伝えられない
この想い もう限界なんです
決めました 桜咲く頃には
ぶつけます 全部

自転車をとめて羽を正した
開花前線はもう満開
それなのに あなたからの不意打ちきた
ずるいんです

自転車に乗って行こう 二人で
開花前線は恋の桜
咲き誇る この気持ちを背中越しに
「好きですよ」 と伝えた

Satsubatsu Kids - Autumn Song -lyrics and translation-

So there's this "new unit" from Key Sounds Label, Satsubatsu Kids which consists of our beloved Maeda Jun and Hyon.
(No, it's not an actual unit. It's just something Maeda wants to do.)

Also this is the note Maeda put below the video:
"After struggling with serious illness and having surgery, my physical strength and lung capacity dropped harshly and my singing is still off-key as ever, so I gave up on singing. So instead of singing the song composition I had planned to sing myself, I let Hyon-san sing it. As for the name (Satsubatsu Kids), it's the name that I had chosen long time ago for my artist/musician stage name. If this has a lot of response, maybe we'll get a CD of it?"


Autumn Song
Composition & lyrics by Jun Maeda | 麻枝准
Vocal, arrangement & performance by Hyon | ひょん

Lyrics (kanji) transcribed from the video.

長い旅の先に何が
待ってるか 知ってるかい?
もしかしたら崖だけがあって
途方に暮れるかもな

諦めず進め
それがいいことなんて
大人たちから
教えられただけだろ

振り向けば風が凪いだ
遠くまでよく見えるよ
なんていうか とても綺麗だ
歩いてきた道か
想像を絶するな
きみも足を止めて 休んだら?

「やればできる」
いやできない奴もたくさん
いるんだぜ
雨が降れば傘が
必要だなんてこともないだろ?

濡れたって死ぬか
生きてりゃなんかある
靴まで濡れたら
干せばいいだけだろ

風は吹く さあきみの元に
精一杯 受け止めたら
髪も乾き風の後を
追いかけたくなるだろ?
想像を絶するさ
逃げるでもないさ
歩こうか

また出会えたら
酒でもおごるよ
世界は広い
どうかこの奇跡に
乾杯

僕たちは
なんのために
生き死んでゆくんだろ?
この生が偶然なら
どうしたらいいか
わかんないよ

風が吹く 自由気ままに
僕らどこ吹く風
人生もそんな風に
考えられたらいいな
想像を絶してさ
あるがまま
生きていけるかな

肌寒い風が吹く
ああ そうか
もう冬だ

Shinonome Satsuki / Konatsu Sumire - Aozora StartingLine -lyrics and translation-

青空StartingLine
Aozora StartingLine
Blue Sky Starting Line
Satsuki Route ED Theme
from 恋と選挙とチョコレート | Koi to Senkyo to Chocolate | Love, Election & Chocolate VN


Composition, arrangement & lyrics : Masato Nakayama | 中山真斗 (Elements Garden)
Vocal : Satsuki Shinonome | 東雲皐月
(CV: Sumire Konatsu | 小夏スミレ alias Yuu Asakawa | 浅川悠)


Lyrics (kanji) taken from the booklet.

走り出す 胸の奥で
君に焦がれる この感情
並びたい そのラインまで
絶対 誰にも譲れない

baby now ほら
君と出逢い気付いた気持ちを
starrin’ up ぎゅっと 抱きしめて
風に 浮かんでみようよ

この空を青く染めて
二人で蹴飛ばしたら
いじけた思い出たちを 飛び越えた
隣にいてくれるなら
何処へだって行けるから
同じ場所 見上げていよう
いつまででも

不思議だね こんなにほら
誰か 求めるような感情
白い雲 見せるサインで
ココロ 通じてるといいな

baby now そうだ
偶然とか必然じゃなくて
makin’ up 今 描いてく全て
追い越していくよ

悲しみを青く染めて
深くへ吸い込んだら
気付いた こんなに君を好きなこと
これから同じだけの
世界が見えるような
透き通る 明日がずっと
続くように

この空を青く染めて
二人で蹴飛ばしたら
いじけた思い出たちを 飛び越えた
隣にいてくれるなら
何処へだって行けるから
同じ場所 見上げていよう
いつまででも

Kiba Mifuyu / Narusaka Arisu - Kizutsukerareru yori Kizutsukeru hou ga itai yo, nante… -lyrics and translation-

傷つけられるより 傷つけるほうが痛いよ、なんて…
Kizutsukerareru yori Kizutsukeru hou ga itai yo, nante…
Hurting hurts more than being hurt, as if...
Mifuyu Route ED Theme
from 恋と選挙とチョコレート | Koi to Senkyo to Chocolate | Love, Election & Chocolate VN


Composition & arrangement : Junpei Fujita | 藤田淳平 (Elements Garden)
Lyrics : RUCCA
Vocal : Mifuyu Kiba | 木場美冬
(CV: Arisu Narusaka | 鳴坂ありす alias Kaori Mizuhashi | 水橋かおり)


Lyrics (kanji) taken from the booklet.

キミは私の一部で 世界で1つ
…2度と パズルの 絵は揃わないの?
願い事が叶ったあと
手にしたものは
どうしようもない空白
蒼い想い出

歪 [幼い]だった[恋]
運命たちが[泣いた]
軋み廻るよ

傷つけられる よりもずっと
傷付けるほうが苦しいよ
なぜ神様 2人の 時は戻らない?
せめて最後は 揺れないで
未来を 信じたい

心臓が裂かれるくらい 迷い続けて
だけど答は 神様も知らない
“ごめんね”なんてコトバを
1000個並べて 星座にしても
光は 脆く消えてく

いとしい[切ない]ものを
[夢] 正しさだけじゃ
[揺れて] 護れないけど

傷つけるより 傷つきたい
そんなの最低の言い訳
裏切ったのは 私の 心との誓い
世界に1つ 奇跡なら
キミへと捧ぐから

傷つけられる よりもずっと
傷付けるほうがくるしいよ
ねえ神様 どうして 時は戻らない?
傷つけるより 傷つきたい
そんなの最低の言い訳
裏切ったのは 私の 心との誓い
世界に1つ 奇跡なら
キミへと捧ぐから